徳島 派遣ナース

小児科はこんな所

看護師の中には、子供が好きだという理由で、小児科で働く人も少なくありません。

 

総合病院にももちろん小児科はありますが、がん専門病院にも小児病棟はあります。

 

抵抗力の弱い子供は、がんにかかりやすい為、高齢者に次いで、小児がんは多いんです。

 

がん専門病院の小児病棟には、白血病や脳腫瘍の子供がとても沢山います。

 

無菌室に入っての治療で、長期入院している子供も少なくありません。

 

小児科で働いている場合、とても大変で重要となるのは、ご家族との関わりです。

 

病人を持つご家族の心理は、とても複雑ですが、それが小児科となると、顕著に表れます。

 

自分が代わってあげたい、もっと早く見つけていれば、など、自分を責めたり、病気を受け入れる事が難しいケースが多いんです。

 

がんの治療というのは、苦痛が伴います。

 

それは、家族にとってとても辛い事です。

 

このように、小児病棟では、子供だけではなく、ご家族やご両親のケアも、とても重要になってきます。

 

ご家族は、自分を責めてしまう方がとても多い為、治療計画には、心理士さんが加わる場合もあります。

 

本人だけではなく、ご家族もスタッフも、みんなで一丸となって、治療の為に、本人を支えていく必要があります。