徳島 派遣ナース

民間のヘルパーを雇うと、金銭的な負担が大きいですよね。

1時間3千円とか5千円とか掛かりますからね。民間ヘルパーにしか出来ないサービスもあるので高額でも依頼される方が増えているそうですが。

 

在宅で介護をするには、やはりヘルパーなどの介護サービスが必要になりますよね。

 

在宅介護をされているお宅の中には、家族が全て行っている家庭もあります。

 

しかし、仕事や子育てをしながら介護をしている家庭では、ヘルパーを雇わなければとても介護しきれないですよね(;´Д`A

 

介護ヘルパーを利用する際は、社会福祉協議会のヘルパーを利用するか、民間のヘルパーを利用するか選択できます。

 

もちろん、金銭的な面での負担を考えれば社協のヘルパーの方が断然安いですね(´・Д・)」

 

介護保険を適用すれば、1時間あたりの利用料金の一割を負担することになります。

 

在宅で介護を行うには、様々な面での出費が必要になりますから、出費はいくらでも安く済ませたいのが本音ですf^_^;

 

しかし、民間と社協のヘルパーのサービス内容を見ると、民間ヘルパーの方がサービス内容が豊富になります。

 

民間ヘルパーの場合、家事サポートや、外出や受診の付き添いといった生活サポート、趣味、嗜好のサポートとして犬の散歩や外食の付き添いまで依頼出来るんですo(^_^)o

 

社協ヘルパーの場合、出来ることに制限があるため、介護者の代わりにはなりません。

 

しかし、介護者にとって自分自身の代わりをしてくれるサービスは喉から手が出るほど欲しいですよね。

 

在宅介護をしている介護者は、自分の時間もなく、ストレスを発散させる機会もありません。

 

ですから、介護者が行わなければならないことを代行できる民間ヘルパーは、料金が高くても利用したい方は多くいるんですよね。

 

公的サービスではまかないきれない部分を民間サービスで補う…。
そういった形で、出来るだけ介護者の負担を軽減出来ることが望ましいですねd(^_^o)